• home >
  • 支援物資・支援活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地のこどもたちのために...

こんにちは。
1階よりも2階のほうが日があたるので、朝ご飯を食べた後に2階に来ました。
第2グループはまだ計画停電が始まっていません。


今、私にできることは少しの募金と、節電と、被災地の方々の無事を祈ることだけです。

今は、政府、自衛隊、医師、近隣地域の方のボランティアにお任せするしかありません。
一日も早く救助、町の復興を願いますが、きっと、瓦礫が撤去されて、まっさらになってしまった町をみたとき、被災地の方はさらに胸を痛めますよね...


今でさえ、避難所で寒く不安な日々を過ごしています。

家と一緒に家財道具一式まで流されてしまっています。

生活に必要なものを一から揃えなければなりません...



私にできることは、我が家にあるもので使用していないもの、特に子供服は小さくなってしまうため、たくさんあります。

年末に子供服の整理していて、友人が必要なら差し上げようと思っていましたが、結局そのまま置いたままになっていました。
必要としている人がたくさんいます。
ぜひ使ってほしいと思います。

しかし、個人での援助物資の受付はしていません。私のように援助したい人は全国にたくさんいます。しかし、どうしていいのか分からない人が多いと思います。

支援団体を探しても、なかなか見つかりません。(知っている方がいましたら、教えてください!)


私はOLをやめたので、着ていないスーツやコート、バッグなどがたくさんあります。
ダウンジャケットや、コート類は今すぐに使っていただきたいと思いますが、スーツは被災地の方にはまだまだ不要なものかもしれません。でも、いずれ必要な人もいますよね...


まだ先の話のことかと思いますが、被 電化製品一式、食器、棚、お布団、テーブルなどなど。。

小学生は新しいランドセルが必要になるかもしれません(伊達直人さん、被災地の子たちにもランドセルを~!)。
小学生だけではなく、中学生、高校生も、ふで箱やえんぴつ、ノートなどが必要ですよね...



家を建て替えるのでも相当なお金がかかります。
建て替えられない人だって多いのではないでしょうか....(私達家族が今、家を失ったら、残るのはローンだけで、これ以上借り入れも出来ないし、建て替えるなんて無理でしょうね...)



少しでも被災者の出費を控えられるようにしてあげたい。


そのために出来ること。

リユース(再使用)。


あれも、これも~となると、すべてが中途半端で、整理できなくなってしまいますので、こどもたちのために必要なモノだけを集めて、被災地のこどもたちに届けば・・・と思っています。


子供服はすぐに大きくなってしまうため、キレイな洋服も多いと思うのです。
出産祝いでいただいた未使用なものもあります。
洋服は使用済みでも洗ってキレイなものでいいと思いますが、下着(パンツ、靴下など)は新品がいいですね。


今は、とても危険な状況ですし、国と企業が力を合わせて動いてくれています。
それでもまだまだ物資が行き届かない、足りない状況です。
今すぐにでも持って行ってあげたくても私たち個人は何もできません。
私たちができることは、非難生活所から出たあとに必要になるものの物資集めをしていきたいと思います。

これから、ご近所のママさんに声をかけて、こども服や、こどもたちが必要なものを集めていきたいと思います!

こどもたちの洋服だって、赤ちゃん、幼児、小学生、中学生(高校生)と、広い年齢で必要ですよね..
私が今できることは、赤ちゃん~幼児までの衣類です。(ご近所にはお兄ちゃんお姉ちゃんもいますから、声をかければ集まると思いますが...)

各地で、おじいちゃん&おばあちゃんのための物資集め活動、お父さんお母さんの物資集め活動などが広まるといいですね☆



災害ボランティアセンター
宮城県 090-6853-1863 (宮城県社会福祉協議会HP
福島県 024-523-1254 (福島県社会福祉協議会HP
岩手県 019-637-9711 (岩手県社会福祉協議会HP


救援物資受付
秋田 福井 長野 岡山 高知 佐賀


救援物資受付準備中(3/17現在)
岐阜 和歌山 徳島 福岡 熊本 大分 鹿児島 沖縄



P.S. 第2グループ、節電しているそうですね。
同じ第2グループでも、違うエリアの方々が協力をしているんですね。がんばってください☆




【追記 3/19】発見しました!
東北・関東大震災 被災地の子どもを救おう!



スポンサーサイト

東北・関東大震災 被災地の子どもを救おう!

昨日、ブログで「被災地のこどもたちのために...」を書きましたが、見つけました!


東北・関東大震災 被災地の子どもを救おう!
http://blog.livedoor.jp/konoyubitomare2011/

たくさんの支援物資も届いているそうです!

協力したいと思っている方もたくさんいらっしゃると思いますが、そこで私からお願いがあります。

こちらのサイトのコメントにも書かせていただいたのですが、子供服はさまざまなサイズがあります

たくさんのモノが集まってから仕分けするのは大変な手間になると思いますので、送る側の配慮として、サイズ別、季節別などに分けて送ってあげてほしいと思います。
ただ送るだけではなく、ビニール袋などに、マジックやシールなどで何が入っているのか一目で分かるようにしてあげるのもいいと思います。

よろしくお願い致します!



子供だけでなく、大人たちも衣類が必要です。
子供服以外の支援物資をまとめてくれている団体など、ご存知の方はぜひ教えてください!



もうパソコンのバッテリーがないので、閉じます!

【支援物資】赤ちゃん~幼児の衣類など

こんにちは。
午前中、メイの赤ちゃんのときに使っていたものから、最近まで着ていたもの(来年は小さくて着れないもの)をまとめていました。



我が家だけで、これだけの物になりました。
段ボール箱がないので、まだデスクの上に並べたままです...(^-^;



これは、1月末にご近所さんの弟さん夫婦に男の赤ちゃんが産まれると聞いて、我が家にある男の子っぽいものをまとめていたのですが、ご近所さんにも男のお子さんがいて、「弟には車いっぱい持っていってもらったよぉ」と言っていたので、ありすぎても邪魔になるかな....と、渡せずに箱づめにしたまま。。



この箱の中の、これ。
玉ちゃーん、見覚えあるでしょー?
メイの出産祝いにいただいたものです♪
大きく産まれたメイには、ちょっと小さくて、1回しか着れなかったので、キレイなままです。
必要としている人に差し上げたいと思います。



全く未使用のものです。
これは友達のYちんから出産祝いにいただいたものですが、産後、なかなか会う機会がなく、メイが2歳になったころに「遅くなっちゃったんだけどぉー」といただいたものです(笑)当然、着れませんっ(^-^;;
でも、せっかくいただいたものだし、大切に取っておきました。
(左の靴下は、メイの100日祝いの撮影のときに履いただけです)



こちらの段ボールの中身は、つい最近まで着ていたものだったり、お義姉さんからいただいたものだったり...
着る回数が多く、ちょっとくたびれた感じのものもあり・・・でも、まだまだ着れるものなので、リサイクルショップに持っていこうと思ってまとめていたものです。



メイが赤ちゃんのときに1~2回使用しました。
着たというよりも、車の中でお布団代わりにかけていただけです。




赤ちゃん用のお布団セットです。
一緒に寝てしまったほうが楽だったので、使ったのは半年くらいかな?



ベビーバスも、ほとんど使わず、屋根裏に閉まってありました...



袋の中には、こまごまとしたベビーグッズが入っています。
去年、リサイクルショップに持っていったとき、素っ気なく「これらは値段がつかない」と言われたとき、かわいそうになって、「必要としている人に差し上げた方がいい」と、持ち帰ってきたものです。

くまさんミラーとメイ
お食事エプロンとメイ
久しぶりに、メイが赤ちゃんのときのブログを見ていたら、あーっという間に1時間くらい経ってしまいましたぁ(^-^;;





我が家ではもう不要になったものでも、必要としている人はいますよね。




阪神大震災での避難生活は7ヶ月、仮設住宅生活5年という年月がかかったそうです。
阪神大震災よりも大きな被害となった今回の東北での震災では、阪神大震災以上に長引くのでは...と、専門家の方がおっしゃっていました。

私のような個人で「どうにかしてあげたいなぁ」と思っている人は、たくさんいると思います。
「お金が一番ありがたい」と阪神大震災を経験した人が言っていました。
家の修繕にはたくさんのお金が必要になりますし、また一から電化製品や日用品を買いそろえなくてはいけませんので、わざわざお金を出さなくてもいいもの、まだまだ使えるものは、使ってほしいですよね。


現在、援助物資は、個人では受け入れてくれませんので、自治体や、市民団体で活動されているところを探すしかありません。

今すぐにできなくても、数ヶ月後、1年後、数年後でも、協力はできますしね。
その頃に必要なものだってあるだろうし...

避難所で生活している人だけではなく、その周辺(マスコミに取り上げられないけれど、困っている地域)の方々の生活も大変だと思います...


必要としている方に衣類やベビー用品を使っていただけたら、この子たちも喜ぶと思います。


えほんをおくろう。えがおをおくろう。

東日本大震災緊急募金 第16報
えほんをおくろう。えがおをおくろう。



0~14才までを対象とした、
絵 本
児童書
紙芝居



締め切りは4月5日です。


詳しくはこちら。
「ユニセフ ちっちゃな図書館」プロジェクト

110327_02.jpg



今日は種まきをしました(o^^o)



ボランティアが足りているというのは幻想?

Twitterで知った西條さんのブログ記事をご覧ください。

ボランティアが足りているというのは幻想です。今こそ立ち上がりましょう。

(一部抜粋)
グランディ21の遺体安置所。首や手足ももげた遺体が多いため、直接遺体をみることはできない。だから遺体と持ち物の写真が貼られている。

仙台市消防局の兄は、カラスが集まっているところを捜索するといっていた。だから遺体は陸上海中にかかわらずいろいろな動物に食べられている。酷い話で書いているだけでも胸が苦しくなってくるが、これが現実。



昔仕事で、海上自衛隊の方とお話をしたことがあるのですが、その方が海中で遺体を引き上げるときのことを話してくれたのですが、そのときの内容を思い出してしまいました...(>_<。)


本当に大変なお仕事だと思います...
自衛隊、消防の方に限らず、救助活動をしているたくさんの皆様、本当にご苦労さまです....




現地のボランティアが余っているなどというのは幻想だ。今回は余震や原発の関係もあってボランティアはまったく足りていない。特に僕らが回った6箇所の避難所には1人のボランティアもいなかった。

ただ、公式のボランティア登録とかすると、メジャーな避難所にしか割り当てられず、自由に活動することができない。今、物も人も一部に偏っている状態なのだ。南三陸町だけじゃなく、実質上孤立していて本当に困っている避難所はたくさんある。




現在、かなり深刻な被害を受けた地域でも、宅急便は近くの集配所までは届くようになっている。僕らが後方支援できる体制が、今ようやくできたのだ。ボランティアのタイミングを考えていた人は今こそ動くべきだ。





全文はこちら。
ボランティアが足りているというのは幻想です。今こそ立ち上がりましょう。

ふんばろう南三陸+石巻雄勝プロジェクト



私たちにもお手伝いできることがあるはず....
被災ママと全国の支援ママの希望をマッチングし「今一番必要な支援」を実現するStand for mothersを設立


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

メイママ

Author:メイママ
静岡県生まれ、東京調布市在住。
グータラママです。
気付けば40越えてましたー
でも、誰でも歳はとるっ!!
それなら、楽しく歳を重ねていきたいですよねッ(*'-'*)

検索フォーム

I ♡ 楽天

楽天市場

「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」
使わなきゃ損!
知らなきゃ損!
利用しなくちゃもったいない!
楽天ポイントがどんどん溜まる

楽天ポイント明細はこちら♪

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
296位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。